よくある日常の田舎生活

一般的な田舎生活の日常を説明しましょう。もちろん、日本中が同じパターンではありませんから、それぞれの地域の違いを考慮しておかなければなりません。

まず、朝起きたら、庭の野菜を収穫に行きます。今日の朝ご飯、弁当などに使う分だけで十分でしょう。子どもたちはまだ寝ているかもしれませんが、学校に遅れないように起こしてください。

田舎生活は文明の利器がほとんどないようなイメージが強いのですが、現代にはスマートフォンやインターネットがありますから、家の造りが広くて古い以外は都会の朝と変わりません。
子どもたちは朝ご飯を食べながらメールのチェックをしていることでしょう。

お父さんは仕事に出かけます。仕事は近所の農業のサポートでしょうか。通勤時間がほとんどいらないため、出勤は遅くても問題ないでしょう。そして、昼休みには自宅に帰ってきて奥さんと一緒に昼ご飯を食べます。

夕方には子どもたちも帰ってきますが、近所の子どもと一緒に暗くなるまで外で遊んでいるかもしれません。もちろん、家でテレビゲームをする日もあるでしょう。夜は家族全員で夕食です。
お父さんは近所の集まりに出かけるかもしれません。

田舎生活では多くの人がお酒を飲んでいると思うかもしれませんが、都会でも会社帰りに居酒屋による人が少なくありませんから、田舎特有のことではないでしょう。

もちろん、アルコールがダメな人に無理に飲ませるわけではありません。
集落の一員としてやるべきことをきちんとやっておけば、誰もとがめたりしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


*